So-net無料ブログ作成
検索選択

お伊勢参り 1日目 [Travel]

ダンナくんが短い夏休みが取れたので、以前から行きたいねと話していた伊勢へ1泊旅行に出かけた。
朝8時前に車で出発し、途中で朝ご飯休憩をはさみながらもお昼前には伊勢神宮へ到着。

まずは豊受大神宮(外宮)へ。静かなたたずまいで、木々の凛とした姿が美しい。
入り口では白馬に出会うことができた。
 

江原啓之さんの本を読むようになって、スピリチュアルな世界に興味を持つようになり、これまで考えも及ばなかった色んな物事について深く考えさせられるようになった。行き先に伊勢という地を選んだのも、多少はそんな影響もあるといえる。思えば修学旅行や何十年も前の家族旅行でも伊勢神宮に来たが、どんな印象だったのか、はっきり言ってほとんど覚えがない。今回は自分の意思でやって来て、ゆっくりとお参りをし、心地よい時間を過ごすことができた。自分には何らかの気を感じ取るとか、そういった力なんて全然ないけれど、お宮の中にそびえ立つ木々をただ見たり触れたりしているだけで、とても清々しい気持ちになれて、お参りに来れて良かったなぁ、と純粋に思ったのでした。

続いて内宮近くの猿田彦神社へ。こちらは「道開き」の神と呼ばれ、何か事を始めるときにお参りすると良いらしい。

しかし、そろそろ暑さも絶好調。。。時間は午後2時近くでお腹も激減り。そこで、内宮近くのおかげ横丁の中にある「ふくすけ」で「冷やし伊勢うどん」を頂くことにした。
おかげ横町は平成18年にかの有名な「赤福」が作った、食べ物屋さんやお土産屋さん40店舗あまりを集めた小さな通りで、参拝客で非常に賑わっている。昔来た時はこんなのなかったよなぁ・・・。

伊勢うどんは、麺がかなり太くて柔らかい。だしの色がすごく濃いけど、太い麺に良く合う。ほてった体にもピッタリなお昼ご飯でした。

さて腹ごしらえも終わって、次はいよいよ皇大神宮(内宮)へ。外宮に比べてはるかに敷地が広く、悠然とした、それでいて圧倒的な印象は、神々しいという表現がやはりふさわしい。静かな五十鈴川の流れを見ながら、深い森の中へ吸い込まれるように正宮へ向かう。不思議だったのは、内宮に足を踏み入れた途端、先程までのうだるような暑さがふっと消え、何だかとても爽やかで清々しい空気に包まれたこと。
私は全然信心深い方じゃないけれど、こういう場所に来ると本当に心身が引き締まる思いがしますね。
 
             

無事お参りを終え、宿に向かう。宿泊先は、伊勢・二見地域に2軒しかないという温泉宿のうちの1軒「まるや」。


温泉にゆっくり浸かって疲れを落とした後は美味しい夕食タイム!海の幸と松阪牛の陶板焼き!あぁ~、シ・ア・ワ・セ♪
   興奮のあまり、松阪牛の画像がボヤケてる...

夕食後は予約しておいた貸し切り露天風呂へ。こちらは温泉ではないけれど、やっぱり露天風呂は快適だ~☆


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 2

meiqi

私が行った時はこの白いお馬さんがいなかったのだぁ〜タイミング良く会えて、ラッキーだったねぇ!
関西人にとって伊勢うどんは一見「なんじゃこりゃぁ!!!」って感じだけど、別物だと思えばこれ意外といけるよね?
ヒーリングというかすっかりグルメツアーって感じだけど、素敵だわぁ!松坂牛の写真がボケてるのが、また笑かすわぁ。。。あっはっは
by meiqi (2007-08-09 00:06) 

noripiku

そうか!確かに外宮からの帰りにはもうお馬さんいなかったし、
内宮では会えなかったから、会えたのはかなりラッキーやったんや?!

伊勢うどんは、最初食べたら不思議な感じだったけど、そうねぇ、ああいうものだと思えばイケるわぁ~☆
by noripiku (2007-08-09 00:41) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。